『虹☆光』~anuenue~

『虹☆光』~anuenue~へようこそ。anuenueとはハワイ語で『虹』。顔ヨガ&ピラティスのパーソナルレッスンを中心に、イベントレッスン・出張レッスン・企業様の講演・セミナー講師として活動。

カテゴリ: 健康


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

先日レッスン終了後のお客様から
『足の甲が柔らかくなって正座がラクになりました』
とご連絡をいただきました

IMG_1898
(※写真はお客様のご感想とは関係ありません)

足首がかたい方はふくらはぎの筋肉が
うまく使えていない状態です

かたいだけではなく、筋力発揮もうまく
いかない状態なのでストレッチのみでも
パフォーマンスが改善する訳ではありません

また、足関節内にある『距骨』という骨の位置に
問題があって関節内の動きに
支障が出ている場合があります

IMG_1901

足首がかたい方に見られがちな現象

地面を押し返す力が均等ではなく
踵側一点で立っていたり、膝もロックされ
腰にも負担がかかりやすい状態です

ヨガのチェアポーズやスクワットの姿勢では
足指が浮き、股関節が詰まって
効かせたい部位以外に力が入って
突っ張ったように姿勢を維持している方が多いです

また、立ち方や歩き方の癖が強くなれば
足首の曲がりやすい方向に寄っかかったり
真っすぐ足を保つことも難しくなり
いざ使おう!というときには
力が入らないし、伸びない!となります

IMG_1902

こういった繊細な動きの修正も
ピラティスエクササイズを分解して
『伸ばす』『使う』『繋げて動かす』
を丁寧に繰り返すと割と早く改善する例も多いです

ふくらはぎが上手く使えない方は
母趾球小趾球の使い方を見直すと同時に
体幹部に近い骨盤周りのトレーニングも
あわせて行ってあげると
足首の動きも良くなっていきますよ





顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆延村 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

心は形が無くて一旦バランスを崩すと
形がない分立て直しに時間がかかるのか
かからないのか見当もつきません

IMG_1887

心が影響を受けてしまうと
どうしても体も不調になりがち

物質的な安定は不安定なものに
対する安定を深めます

ピラティスでは『呼吸』を意識しながら
ONとOFFのバランスを整えます
対象物があれば誰にでも分かりやすい
だから体にフォーカスするやり方は
一番効率的なんです

自分の背骨や筋肉が大地を踏み返して
どっしり構えると心も不思議と安定します

その安定が内側から活力を生み
ストレスを緩和する効果を高めます





顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆延村 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

運動において、安定している箇所と
動いている箇所を明確にすることは大切です

image

肩関節を動かしたいのに肘関節も動いてしまう
肘関節を動かしたいのに肩関節も動いてしまう

背骨を動かしたいのに
肩関節と肘関節が動いてしまう
肩を上げる動作+肩甲骨を背骨に寄せる
呼吸の度にそれらが起こってしまう

先日そんな動きの修正をさせていただきました

体幹の安定を促し必要ない場所を
私が押さえ動いていただきます

『動けない!どうやって動いたらいいの?』
最初は困っていましたが、そのうちに
安定させるべき箇所と動く箇所を
切り離して動くことを理解されたようでした

腕や脚は体幹から伸びています
動かしたい部位以外の『安定』や
『コントロール』をすること
それが体幹トレーニングの目的です

自分の辞書に無い新しい動きのパターンに
脳のなかで修正し切り替えるのだから
最初は結構大変!
繰り返し身体や日常動作に落とし込んでいきます

関節を切り離して動けるようになると
エネルギーの伝達もスムーズになり効率的に

無駄な動きが削減されるので省エネ!です

私はこの身体の癖に向き合うことが大好きで
時間を忘れてしまいます
ガシガシ動くなかで気づいたり整えることも
ジックリ癖や動きの修正することも
どちらも大切

プライベートレッスンではなるべく
『気づき』の多い時間になるよう進めています





顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆延村 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ