『虹☆光』~anuenue~

『虹☆光』~anuenue~へようこそ。anuenueとはハワイ語で『虹』。顔ヨガ&ピラティスのパーソナルレッスンを中心に、イベントレッスン・出張レッスン・企業様の講演・セミナー講師として活動。

カテゴリ: ピラティス


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
今泉(延村) 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

H.Pブログを更新しました
真っすぐ立って鏡で横から見たときに
膝が後ろ側に引っ込んだ状態になっていたら要注意

IMG_3564

2017年12月から2020年12月まで
クライアント様の経過です
リフォーマーに仰向けになって寝ていただき
太腿とふくらはぎを横から撮った写真です
膝が後ろ側に圧迫された状態から
今ではすっかり本来の状態を取り戻しました

詳しく知りたい方は下記H.Pブログへ

IMG_3562

『膝関節過伸展の修正
~ピラティスでできること~』







顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆今泉(延村) 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

ピラティスのモニターの方の2か月の変化です
X脚は骨格が原因と諦めている方も多いですが
日頃の身体の使い方を改善して真っすぐに

IMG_2075

Aさんの場合、膝が常に内側を向き
膝を曲げると膝がくっついてしまいます
それなのにつま先だけは外側を向き
脚全体が大きく捻じれた状態
X脚にも2種類あり、膝下が離れた
このタイプはXO脚になります

X脚の方はお尻が四角くなります

お尻の外側にお肉がついて筋肉がないと
そのまま下に垂れていきます

・脚を組む・片足立ちが苦手
・内腿がかたい・お尻がペタンとしている
・膝が内に向き反り腰
・お尻を使っている感覚が普段からない
・お尻と腿の境目が分からない

こんな方も要注意

一気には改善はできないので、まずは
股関節周りの筋肉の使い方をチェンジ!!

見て分かる変化として
お尻の形が変わってきました
写真をご覧いただくと手首とお尻の間に
隙間ができていますよね
お尻の真ん中のラインも深く
トップが高くなりキュッ!

現在は主に『中殿筋』といわれる
お尻の横にある筋肉を鍛えながら
体幹全体の安定を目指しトレーニング中です

中殿筋を鍛えることは安定した階段の
昇り降りにも役立ち、骨のラインを整え
自分の身体を真っすぐに支えてくれます

日頃のトレーニングに加えて
後ろ姿を変えましょう





顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆延村 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの
延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

先日レッスン終了後のお客様から
『足の甲が柔らかくなって正座がラクになりました』
とご連絡をいただきました

IMG_1898
(※写真はお客様のご感想とは関係ありません)

足首がかたい方はふくらはぎの筋肉が
うまく使えていない状態です

かたいだけではなく、筋力発揮もうまく
いかない状態なのでストレッチのみでも
パフォーマンスが改善する訳ではありません

また、足関節内にある『距骨』という骨の位置に
問題があって関節内の動きに
支障が出ている場合があります

IMG_1901

足首がかたい方に見られがちな現象

地面を押し返す力が均等ではなく
踵側一点で立っていたり、膝もロックされ
腰にも負担がかかりやすい状態です

ヨガのチェアポーズやスクワットの姿勢では
足指が浮き、股関節が詰まって
効かせたい部位以外に力が入って
突っ張ったように姿勢を維持している方が多いです

また、立ち方や歩き方の癖が強くなれば
足首の曲がりやすい方向に寄っかかったり
真っすぐ足を保つことも難しくなり
いざ使おう!というときには
力が入らないし、伸びない!となります

IMG_1902

こういった繊細な動きの修正も
ピラティスエクササイズを分解して
『伸ばす』『使う』『繋げて動かす』
を丁寧に繰り返すと割と早く改善する例も多いです

ふくらはぎが上手く使えない方は
母趾球小趾球の使い方を見直すと同時に
体幹部に近い骨盤周りのトレーニングも
あわせて行ってあげると
足首の動きも良くなっていきますよ





顔ヨガ講師・ピラティスインストラクター
◆延村 八重オフィシャルサイト◆
https://hikari-yae.com

※お知らせ・変更はホームページNEWS・Blogに更新します

↓メールお問い合わせ↓(ご質問はこちらから)
https://hikari-yae.com/contact

◆Instagram◆
https://www.Instagram.com/hyojyobijin.yae

◆Twitter◆
http://twitter.com/NobemuraYae

◆Facebookアドレス◆
https://www.facebook.com/kaoyogayae/



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ